4月 05, 2020 20:11 Asia/Tokyo
  • オリバー・ストーン氏
    オリバー・ストーン氏

アメリカの著名な映画監督オリバー・ストーン氏が、新型コロナウイルスが猛威を振るっているが、この中で、イランやベネズエラなど各国に対するアメリカの制裁行使は非常に圧政的なものだとしました。

オリバー・ストーン氏は、米紙デイリーニュースに掲載された記事の中で、新型コロナウイルスがまん延する最中にアメリカがイランへの制裁を科すことは圧政的だと指摘し、「米政府は、自らのやり方を変更すべきだ」と語りました。

また、米連邦政府はコロナウイルスが世界で猛威を振るう中、キューバイランベネズエラニカラグア等の国々に対し追加制裁を科していると批判しました。

同氏はさらに、「米はこのウイルスをこれらの国々に武器として利用している」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント