4月 12, 2020 18:40 Asia/Tokyo
  • バイデン候補
    バイデン候補

今年11月のアメリカ大統領選挙の民主党内予備選挙でリードしているジョー・バイデン候補が、同国アラスカ州での党内選挙でも勝利を収めました。

フランス通信によりますと、バイデン候補はこの党内選挙で55.3%の得票率で勝利を収めたということです。

今月8日のサンダース氏の撤退発表前に郵便投票で行われたこの党内選挙では、サンダース氏も44.7%の票を獲得していました。

アラスカでの民主党内選挙は、当初は今月4日の開催が予定されていましたが、新型コロナウイルス蔓延を理由に郵送で行われ、実施期日が変更されました。

この選挙で、民主党はアラスカ州で郵送によりおよそ1万9000票を集票し、その結果をツイッター上で公表しています。

サンダース氏の撤退により、今年11月に予定されているアメリカ大統領選挙は、現職のトランプ大統領とバイデン氏による一騎打ちになる可能性が高いと見られています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント