May 27, 2020 03:03 Asia/Tokyo
  • ロシアが、ステルス爆撃機試作1号の製造を開始
    ロシアが、ステルス爆撃機試作1号の製造を開始

ロシアが、「未来型長距離飛行航空複合体(PAK DA)」事業の一環として、ステルス爆撃機の試作1号の製作を開始しました。

ロシアのメディアによりますと、軍産複合体の情報筋は「実用設計文書の開発は完了した。材料調達が始まっている。現在、コクピットの製造が進んでおり、最終的な組立て完成は2021年になる」としています。

2019年12月、クリヴォルチコ・ロシア国防次官はロシア軍紙「クラスナヤ・ズヴェズダ」の取材に応じ、「戦闘機の概略設計が承認され、『ツポレフ』社が実用設計文書の開発に着手した」とするとともに、PAK DA試作機の組立て部品の製造が始まったことも明らかにしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント