6月 03, 2020 14:41 Asia/Tokyo
  • EU欧州連合のボレル外務・安全保障政策上級代表
    EU欧州連合のボレル外務・安全保障政策上級代表

EU欧州連合のボレル外務・安全保障政策上級代表は、米トランプ大統領がロシア、韓国、インド、オーストラリアの首脳らにG7サミットへの参加を呼びかけたことに反応し、「アメリカにはG7の固定メンバーを変更する特権はない」と述べました。

ボレル上級代表は、「G7は共通の価値観、関心、および責任により導かれる多国間構造だ」と強調しました。

トランプ大統領は最近、カナダ、ドイツ、アメリカ、フランス、イタリア、日本、イギリスで構成する現在のG7の枠を離れて、ロシア、韓国、インド、オーストラリアの首脳らを次回のサミットに招待したと発表しました。

かつてG7にはロシアも参加しており、G8と呼ばれていました。 

2014年のウクライナの危機を受け、G7首脳はロシアをこの組織から外した経緯があります。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント