6月 25, 2020 15:11 Asia/Tokyo
  • Anthony Tata氏
    Anthony Tata氏

米次期国防次官にノミネートされていた退役軍人Anthony Tata氏が、「オバマ前政権時代のCIA長官だったジョン・ブレナン氏は、トランプ現米政権の打倒、さらにはトランプ現大統領の暗殺を狙っていた」と語りました。

CNNによりますと、Anthony Tata氏は「ブレナン氏はトランプ氏を解任に追い込もうとしていた」と述べています。

同副長官の主張によれば、ブレナン氏は2018年に暗号化されたあるツイートにおいて、トランプ氏の暗殺命令を出していたということです。

ブレナン氏はこれ以前に、トランプ大統領の政策を批判し、「米現大統領は、自らの政敵に対する優位性や政治的な利益獲得のため、情報・司法機関を利用しようとしている」と述べました。

さらに、「トランプ氏とその側近が自分に対してやったことは、もはや修正できない過ちであるとともに、腐敗や不行き届き以外のないものでもない」としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ