7月 11, 2020 16:48 Asia/Tokyo
  • ベルギーの複数の大学でデモ ヘジャーブ禁止に抗議
    ベルギーの複数の大学でデモ ヘジャーブ禁止に抗議

ベルギー・ブリュッセル市内で、民権活動家や市民が結成する団体が街頭に集結し、大学内でイスラム教義に則り頭髪等を覆うヘジャーブ着用の権利を訴えました。

トルコ・アナトリア通信によりますと、市民や市民権活動家らが結成する団体が、ブリュッセル市内の街頭に集結し、同国の大学でヘジャーブ着用の権利を訴えたということです。

この集会は、イスラム教徒の女性を代表とするベルギーの地元NGO3団体により開催されました。

参加者らは、憲法裁判所が最近、「ベルギー国内の高等教育機関で宗教的なシンボルの使用を禁止する」と言い渡した判決に抗議しました。

この抗議行動には、ヘジャーブを着用していない若者も大勢参加していました。彼らは人種差別に抗議して、ヘジャーブを着用した学生との連帯をアピールしていました。

これらの参加者はまた、ベルギー当局の法規を遵守し、マスクを着用しソーシャルディスタンスを守っていました。

先月、ベルギーの憲法裁判所は判決文において、「ヘジャーブをはじめとする宗教的なシンボルの利用の禁止は、教育の権利や信教の自由の侵害には当たらない」としました。

ヨーロッパの多くの国では近年、イスラム教徒に対する厳しい法律が施行されています。

ヨーロッパ諸国の政府がイスラム教徒に課している制限措置には、ヘジャーブ着用禁止、集団礼拝開催への厳しい取締り等があげられます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント