7月 12, 2020 19:39 Asia/Tokyo
  • マイク・ライアン氏
    マイク・ライアン氏

WHO世界保健機関の緊急対応の責任者であるマイク・ライアン氏は12日日曜、新型コロナウイルス感染の現在の状況を踏まえれば、世界で根絶や排除などが近い将来に起きる事態はほぼあり得ないだろうとの見解を示しました。

米CNNによりますと、マイク・ライアン氏は、「根絶などが実現するような特別の環境を持つ島しょ国家や他の場所は出てくるだろうが、感染が再発するリスクは消えない」とも述べました。

そして「感染者をゼロあるいはほとんどゼロにしながら、国外からの要因で感染を再度招いた複数の国もあった」と説明し、「より強い懸念を抱かせるのは多くの人間が集まる行事で大きなクラスター(感染者集団)が形成される事態だ」と強調しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント