7月 15, 2020 18:50 Asia/Tokyo
  • カリフォルニア州選出の民主党下院議員バーバラ・リー氏
    カリフォルニア州選出の民主党下院議員バーバラ・リー氏

アメリカ下院・権限委員会が、トランプ現大統領の対イラン武力行使権を制限する3条項からなる補足案を可決しました。

アメリカの政治専門紙ザ・ヒルのインターネットサイトが14日火曜、報じたところによりますと、これら補足案はカリフォルニア州選出の民主党下院議員バーバラ・リー(Barbara Lee)氏によって提案されました。

第1条と第2条の補足案の目的は、2001~03年までの武力行使権を無効にすることです。

このうち、第1条は2001年に関するもので、賛成30票、反対22票で可決され、また第2条は口頭での採決により承認、可決されました。

第3条は、議会の公式の同意なく対イラン軍事措置にかかる経費の確保を禁止する内容で、賛成30票、反対22票で可決されました。

こうした動きの一方で、下院権限委員会は2021年度のアメリカ軍の防衛予算を審議中です。

トランプ政権はこの数ヶ月で、イランとの緊張を助長しており、米民主党は3つの条項による今回の措置の可決を目指してきました。

米下院は今年1月にも、リー議員が提出した同様の補足案を可決に持ち込んでいます。

米国議員らは数ヶ月前に、決議書の可決をもってトランプ大統領に対し、議会の承認なしで「イランに敵意のための米軍兵力利用」を行わないよう求めましたが、トランプ大統領はこれに拒否権を行使していました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント