8月 03, 2020 18:36 Asia/Tokyo

イギリス・バーミンガム市で、市民らがイエメン国民を支持するデモを開催しました。

カタールの衛星テレビ局アルジャジーラによりますと、2日日曜に開催されたデモに参加した人々は、イエメン国民への連帯を訴え、サウジアラビアやアラブ首長国連邦によるイエメンへの干渉行為を非難しました。

デモ隊は、イエメン危機に対する西側メディアの無関心ぶりを非難するスローガンが書かれたプラカードを掲げ、「対サウジ支援を止めろ」「イエメンの子供たちは飢えている」などのスローガンを叫びました。

サウジアラビアは、2015年3月からアメリカ、アラブ首長国連邦や、ほか複数の諸国の支援を受けてイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

この攻撃により、1万6000人以上のイエメン人が死亡、数万人が負傷し、また数百万人が難民となっています。

この攻撃でさらに、イエメンは食糧や医薬品の深刻な不足に直面しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント