8月 23, 2020 19:26 Asia/Tokyo

米カリフォルニア州での恐ろしい山火事が発生して1週間以上経過したところで、ついに米国大統領が非常事態を宣言しました。

ファールス通信によりますと、トランプ米大統領は、カリフォルニア州のニューサム知事がこの州内で起きた大規模な火災に対処できなかったことに対し口頭で非難した後、政府の援助を加速するために、ついにこの州に非常事態を宣言しました。

8月14日以降、カリフォルニア州では中央部と北部の数百か所で山火事が発生しています。この山火事は、同州の歴史の中でも最大の山火事の一つになりました。

カリフォルニア州当局者は、火事がこれまでに州内の40万4000ヘクタール以上を焼き尽くしたとしています。

複数の報告から、カリフォルニア州での火災により6人が死亡したことに加え、消防士と民間人の43人が負傷しました。また、500軒を超える民家や建物が焼失し、17万5000人が自宅からの非難を命じられています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ