9月 15, 2020 02:55 Asia/Tokyo
  • 米ペンシルベニア州で、反人種主義デモが継続
    米ペンシルベニア州で、反人種主義デモが継続

米ペンシルベニア州ランカスターで、警察が新たに黒人青年1名に発砲したことを受け、同州で抗議の波が拡大しました。

ロシア・トゥデイによりますと、アメリカの人種差別反対運動Black Lives Matterブラック・ライブズ・マター)の活動家らが、ペンシルベニア州ランカスター市内で街頭に繰り出し、警察に銃撃された黒人青年リカルド・ムノスさん(27)に対する正義の実現を求めた、ということです。

14日月曜未明に発生したこの事件を受け、ランカスター市内南西部の警察署に向かって抗議行進を行い、「銃撃するな」のスローガンを叫びました。

アメリカの警察はこの報道を認めるとともに、警察官がランカスター市内で刃物を携帯していた1人の男性に向かって銃撃した、と表明しています。

また、ウィスコンシン州ケノーシャの警察も、自家用車内に座っていた黒人青年ジェイコブ・ブレイクさん(29)に向かって、至近距離から8回にわたり発砲しました。

この事件にケノーシャ市民は憤激し、街頭に繰り出しました。

アメリカでは、黒人などの有色人種に対する警察の暴力的な行動や措置により、同国各州での大規模な、さらには全米規模での抗議行動が発生しています。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント