9月 19, 2020 17:51 Asia/Tokyo

米国警察は、ニューヨーク州北西部ロチェスターで、12人を狙った銃撃事件が発生したことを明らかにしました。

オランダに本社を置くBNOニュースによりますと、米警察は「ロチェスター市内で、現地時間19日土曜未明、銃撃事件が発生し、死亡者が出た」と発表しました。

この報道によりますと、ロチェスター市内で少なくとも12人が銃撃され、第1報ではこのうち少なくとも2人が死亡したとされています。

目撃者の証言では、発砲現場には群集が居合わせていたということです。

なお、現時点までに米政府関係者やいずれのメディアも、今回の事件の詳細についてコメントしておらず、犯人の状況もまったく分かっていません。

今回の事件は、同市内で今年3月に武器を所持していなかった黒人男性ダニエル・プルードさん(当時41)が警官にうつぶせで地面に押さえつけられて死亡した事件への抗議行動が、この数週間高まっている中で発生したものです。

ロチェスター市内での抗議行動は、今年5月25日の米ミネソタ州での警察官による黒人男性ジョージ・フロイドさん殺害事件への抗議を理由に、既に開始されていましたが、プルードさんが警察に窒息死させられた動画がメディアで報じられて以降、激しさを増していました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント