9月 26, 2020 20:41 Asia/Tokyo

トランプ米大統領は、来る11月の米大統領選挙で不正が行われた場合、政権交代はしない、と発言しました。

トランプ大統領は26日土曜未明、選挙集会で支援者を前に、来る11月の大統領選挙で不正が行われる可能性を再び提起し、「不正がない限り、自分が選挙に負けることはないだろう」と主張しました。

トランプ大統領は、これ以前の24日未明にも、仮に選挙に敗北した場合、民主党のライバル、ジョー・バイデン候補に平和的に政権を委譲するかという問いに、「 まずは、何が起こるか見極めなければならない」と答えました。大統領の主張によると、投票箱は悲惨な有様でコントロールできず、政権移行は機能せず、自分の大統領任期がまだ続くと予想される、ということです。

新型コロナウイルス対策で露呈したトランプ大統領の不手際や一貫性のなさ、さらには国内の人種差別抗議運動に対する強行姿勢等は、大統領への広範な国民の不満につながっています。

政治アナリストらは、トランプ大統領の新型コロナ危機や大統領自身が引き起こした悲惨な数々の業績は、最近の人種差別撤廃運動に対する、その物議を醸す姿勢と相まって、大統領選で彼の失敗につながる可能性があると見ています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント