10月 21, 2020 19:38 Asia/Tokyo
  • イスラム排斥運動
    イスラム排斥運動

フランスで、教師殺害事件を受けてイスラム排斥政策が強化される中、同政府がイスラム教徒用のハラール食品の販売禁止措置に踏み切りました。

ダルマナン仏内務相は、地元メディアのインタビューで、ハラール食品という特別部門の存在に反対を示しました。

また、「ハラール食品部門の存在に自分はショックを受けている。このような部門が存在することには個人的に不満だ」と述べています。

さらに、「宗教主義や分離主義はこういう形で始まるもので、こうした現象の発生には資本主義も絡んでいる」としました。

仏パリ郊外で教師のサミュエル・パティ(Samuel Paty)氏が、18歳のチェチェン人少年に殺害された事件が発生した後、フランス政府はイスラム排斥政策を強化しています。

パティ氏は、授業でイスラムの預言者ムハンマド(Prophet Mohammed)を侮辱した内容の風刺画を生徒らに見せていました。

フランス政府は、この事件に関して15人の容疑者を逮捕した後、パリ市内のモスクを閉鎖し、外国人231人を過激派活動容疑で国外退去処分としました。

有識者らは、フランス政府がイスラム排斥政策を進めるため、この事件を利用していると見ています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント