10月 26, 2020 20:52 Asia/Tokyo

フランスのマクロン大統領が最近、イスラムの預言者の神聖やイメージの歪曲・冒涜行為に対し、「表現の自由」を理由に支持したことを受けて、バングラデシュの首都ダッカで大勢の市民が抗議デモを開催しました。

また、北アフリカ・リビアの首都トリポリでも、大勢のイスラム教徒がフランス国旗を燃やし、マクロン大統領の写真を足で踏みつけるなどして、同大統領の発言に強く抗議しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ