11月 24, 2020 20:10 Asia/Tokyo
  • 中国と米国の国旗
    中国と米国の国旗

トランプ米政権の安全保障担当補佐官がフィリピン訪問時、中国と問題を抱える国々を支持して中国政府を国益追求のための軍事的圧力を使用していると非難した後、在マニラ中国大使館も、アジアにおける「暴動や情勢不安」を引き起こしているとしてアメリカを非難しました。

ロイター通信によりますと、ロバート・オブライエン米国家安全保障担当大統領補佐官は、23日月曜のフィリピン・マニラ訪問の際、台湾に対するアメリカの責務を強調するとともに、中国と領海問題を抱えるフィリピンとベトナムに向けて、「米国は両国を支持していく」と述べました。

一方、在マニラ中国大使館は声明を発表し、「これは、オブライエン米大統領補佐官のこの地域への訪問の目的が地域の平和や安定の推進ではなく、その根本的狙いが、米国の自分勝手な利益追求のためにこの地域に暴動や情勢不安を引き起こすことにあることを示している」と指摘しました。

そして、「米国は南シナ海での対立扇動をやめ、完全に中国の内政問題である台湾・香港問題で無責任な発言をするのをやめるべきだ」としました。

オブライエン補佐官は中国に対し、「もし軍事力を台湾へ圧力をかけるために利用するなら、その結果に直面することになる」と警告していました。

中国とアメリカは、テクノロジーや人権問題から始まり、地域の海域における中国軍の行動に至るまで反目しあい、意図的に扇動的な行動を取っているとして互いに相手を非難しています。

中国大使館は声明の続きでさらに、「米国が最大の軍事扇動者であり、南シナ海における最も危険な外的要因であることを、事実が証明している」としました。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ