11月 26, 2020 17:25 Asia/Tokyo

サッカーの元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏が、心臓発作により60歳で死去しました。

イランプレスによりますと、ディエゴ・マラドーナ氏は、今月はじめに硬膜下血腫により入院し、摘出手術を受けていました。

マラドーナ氏の死去に際し、同氏の母国アルゼンチンでは全国規模での3日間の服喪が発表されています。

マラドーナ氏は、1980年代のサッカー界のスーパースターとして知られており、世界の有名なサッカー監督、サッカー雑誌、サッカーファンらはマラドーナ氏をサッカー史上最も優れた選手としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ