11月 26, 2020 18:59 Asia/Tokyo
  • 米国内の飢餓
    米国内の飢餓

米下院・情報特別委員会のシフ委員長が、アメリカ国内における満足な食事をとれない人々の率の増加は、政府の取る政策が恐ろしいまでに失敗していることの現われであるとしました。

ファールス通信によりますと、シフ委員長はツイッターのメッセージにおいて、今年中に無料食糧支給を申請したアメリカ国民の人数が増加したことに触れ、こうした人々を支援していないとして、共和党のミッチ・マコーネル上院院内総務を批判しました。

アメリカ国内で満足な食事をとれない人々の統計値は、特に国内で新型コロナウイルスが感染拡大してから、大幅に上昇しています。

バーモント州選出で無所属のサンダース上院議員も、その発言や文章の中で繰り返しアメリカでの飢餓状況に言及し、トランプ米現大統領がこの問題に重きをおいていないことを批判しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ