11月 29, 2020 05:21 Asia/Tokyo

人権活動家は、米国での貧困と飢えの増加について警告しています。

ロシア・モスクワに拠点を置くニュース専門局RT(旧称ロシアトゥデイ)によりますと、アメリカの人権擁護家のダン・コヴァック弁護士は、「新型コロナウイルスの感染拡大以前には、米国の富裕層と貧困層の階層格差は西側諸国では最大だったが、今ではそれがさらに拡大している」と語っています。

コヴァック弁護士によりますと、「支配層は新型コロナウイルスのパンデミックに乗じてさらに富を増やし、何百万人ものアメリカ人を貧しくすることに利用している」ということです。

コヴァック弁護士は、「近々、自宅を手放さなければならない人たちがいる。多くの人はすでに家を手放している」と語っています。

そして、「米国で休業中の多くの中小企業・産業は、二度と事業を再開することができなくなるだろう」と述べています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ