1月 16, 2021 22:05 Asia/Tokyo
  • ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン
    ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン

西側メディアがファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンによる死亡者発生に対して沈黙し、さらに他の国々で開発されたワクチンを過小評価しようとしていることが、激しい批判を浴びています。

ファールス通信によりますと、中国の英字紙グローバル・タイムズのウェブサイトは、ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンの接種が原因となった死亡者が出ていることに対して欧米メディアが沈黙していることを批判し、「ノルウェー保健当局の報告によれば、同国で23人の高齢者がファイザー社製ワクチンの第1回接種後に死亡した」としました。

そして、「ノルウェーは欧州の小国で、ファイザー社製ワクチンの接種を受けたのはこれまでに2万5000人のみであり、そのうち死亡者が23人というのは、大きな数である。しかし驚くべきことに、主要な英語メディアは、この件について沈黙している」と続けました。

アメリカやイギリスの主要メディアは、これらの死亡例の報告を無視し、重大事ではないかのように見せようとしています。

その一方で西側メディアは、中国製の新型コロナウイルスワクチンに関するあらゆる好ましくない結果は即時に報じて、世論の意識の流れを影響下に置こうと努力しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ