1月 18, 2021 17:16 Asia/Tokyo
  • エジプトで木製のひつぎ50以上発掘
    エジプトで木製のひつぎ50以上発掘

エジプトで17日、首都カイロ南方のサッカラ(Saqqara)遺跡で3000年以上前の木製のひつぎを50以上発掘したことが発表されました。

フランス通信によりますと、エジプト元考古相のザヒ・ハワス(Zahi Hawass)氏はこれを「歴史を書き換える発見」だとしています。

サッカラ遺跡は、古王国時代の首都だったメンフィス(Memphis)の大規模墓地(ネクロポリス)で、十数基のピラミッドがあります。今回の発掘では、新王国(紀元前16世紀から紀元前11世紀)時代にさかのぼる木製のひつぎが50以上、埋葬用の縦穴の中で発見され、17日には遺跡の発掘作業が進められる中、人の頭蓋骨や骨など発掘された遺物がメディアに公開されました。

ハワス氏は17日にフランス通信に対し、「珍しい新発見だ」として、「これまでサッカラでは紀元前500年前後のものが見つかるのが普通だったが、今回見つかったものは主に新王国時代にまでさかのぼる」と述べ、「今回の発見はサッカラの歴史を書き換えるものだ。もっと具体的に言えば、3000年前に始まった新王国の歴史を書き換える発見だ」と続けました。

ハワス氏によれば、今回発掘された遺物の中には、「死者の書」第17章を含む長さ約5メートルのパピルスやマスク、木製の船、古代エジプト人が遊んでいた複数のボードゲームなどがありました。

「セネット(Senet)」と「ゲーム20(Game 20)」と呼ばれるボードゲームは、死者が死後、遊べるように墓の中に置かれていました。セネットの勝者は、「古代エジプトの天国」とされたあの世に行くのだとハワス氏は説明しています。

ハワス氏は、サッカラ遺跡でこれまでに発掘された遺物は全体のわずか30%程度で、70%はまだ砂の下に埋まっているとみられていると述べています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ