1月 18, 2021 20:38 Asia/Tokyo

ドイツ・ミュンヘンの人工河川で、酷寒の中サーファーらが波乗りを楽しんでいます。

フランス通信が18日月曜、報じたところによりますと、ドイツ・ミュンヘンにある人工河川アイスバッハ(Eisbach)は、市内有数の観光名所の1つとされ、いてつくような寒さでも、雪が降るような天気でも、サーファーらが集まって波乗りを楽しむサーフィンの名所となっています。

この人工河川の波は川の中の岩によって生じるもので、経験豊富なサーファーに適しており、天候にかかわらず年中、多くのサーファーがここを訪れています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ