1月 24, 2021 16:51 Asia/Tokyo

アルゼンチン南西部で発掘された9800万年前の恐竜の化石が、史上最大の恐竜の化石である可能性が高まっています。

この化石は、2012年に同国のネウケン・リバー・バレーで発見されたもので、古生物学者のホセ・ルイス・カルバリド氏によりますと、発掘作業は2015年に始まったとされています。

調査の結果、これは竜脚類のもので、現在までに確認されている中で最大の恐竜、パタゴティタン・マヨラムよりも大きい可能性が高まっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ