1月 24, 2021 19:55 Asia/Tokyo

米西部ワシントン州で、警察車両が歩行者の列に突っ込み、数人がひかれました。

米ワシントン州シアトルの地方紙・シアトルタイムズの情報サイトによりますと、最近公開された動画では、シアトル市南部タコマで警察官が、路上に立っていた抗議者の集団を警察車両でひく光景が収録されています。

SNS上に公開されたこの動画ではまた、警察車両が通過した後に地面に倒れた人々が写っています。

タコマ警察のこの行動を受け、警察車両との衝突で1人が重傷を負い病院に搬送されました。

この暴力行為の後、人々は抗議し、車両の窓ガラスをたたき始めたことから、警察官は人々の強い反発を恐れてすぐに現場から立ち去りました。

この報道によりますと、群衆に向かって突っ込んだ警察官は、この事件に関する捜査のため自宅待機に追い込まれています。

アメリカ警察は過剰な暴力行使で知られており、こうした報告の発表はこれが初めてではありません。

これ以前にも、特に少数派や黒人に対するアメリカ警察の暴力シーンを収録した動画は、折あるごとに公開されてきました。

昨年5月25日に発生した、米警察による黒人のアメリカ市民ジョージ・フロイド惨殺事件の動画が公開されたことから、全米規模の反人種差別抗議行動が発生しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ