2月 02, 2021 15:53 Asia/Tokyo
  • 米でのコロナ
    米でのコロナ

アメリカの著名な疫学者であるマイケル・オスターホルム氏が、同国での「新型コロナウイルスの嵐」の発生について警告しました。

イルナー通信によりますと、バイデン大統領の医療分野の顧問の一人でミネソタ大学感染症研究政策センター所長を務めるオスターホルム氏は、「新型コロナウイルスの変異種はアメリカ国内で感染拡大するウイルスの主流となり、同国にハリケーン並みの損害をもたらす可能性がある」と予測しました。

アメリカは現在も依然として、新型コロナウイルス感染者数および死亡者数において世界の首位となっています。同国ではこれまでに、2676万人がこのウイルスに感染し、そのうち45万2000人以上が亡くなっています。

オスターホルム氏はNBCに対し、「新型コロナウイルスの変異種による集団感染の増加は、今後6~14週間のうちに起きるだろう」と述べました。

そして、バイデン政権に対し、できる限り多くの人々へのより迅速なワクチン接種に向けた計画実施のために動き、少なくとも米国民に対し1回目の接種を準備して、変異種への感染による危機的状況のさらなる悪化を食い止めるよう求めました。

また続けて、「もし米当局者が国内全域で変異種を制御できなければ、このウイルスの感染拡大の制御は不可能となり、これまでに国内で起きたことのないような状況を目にすることになるだろう」と指摘しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ