3月 08, 2021 17:58 Asia/Tokyo
  • ファイザー製ワクチン
    ファイザー製ワクチン

米紙ウォールストリート・ジャーナルは、医薬品の安全性の検証などを行う同国の機関が、米製薬ファイザーと独バイオ企業のビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、1回の接種だけでは予防効果が十分でないとの見解を示したと報じました。

ロイター通信によりますと、米食品医薬品局(FDA)傘下で医薬品の安全性の検証などを行う生物製剤評価・研究センター(CBER)は、この新型コロナウイルスワクチンについて、1回のみの接種では長期にわたる予防効果を十分に示さなかったとの見解を示しました。

CBERのディレクター、ピーター・マークス氏はウォールストリート・ジャーナル紙に対し、「新型コロナウイルス感染症や関連死などを防ぐためには、FDAが認可した通りに接種をおこなうことが不可欠だ」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ