3月 18, 2021 19:23 Asia/Tokyo
  • ロシア外務省
    ロシア外務省

ロシア外務省は17日、米国に駐在するアナトリー・アントーノフ大使を、協議のためにモスクワに召喚したことを明らかにしました。

ロシアのスプートニク通信によりますと、同国外務省の声明には、「米国の新政権は発足後、ほぼ2か月。100日という象徴的な区切りの時期まで間もないこの時期は、バイデン陣営には何ができ、何が不得意かを評価するのにちょうどいい」とされています。

また、露米関係は袋小路に入っており、そこからいかにして抜け出すか、方法を見つけることが重要との見方を示しています。

続けて、「我々は不可逆的な衰退を許したくはない。米国がこれに関係したリスクを認識しているのであれば」と補足している。

バイデン米大統領はこれより前、プーチン氏が2020年の米大統領選挙への干渉の責任をとるはめになるという声明を表していました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ