4月 07, 2021 17:57 Asia/Tokyo
  • 米での安全な飲料水問題
    米での安全な飲料水問題

アメリカで数百万人が飲む飲料水が、国の衛生基準に合致しておらず、危険な汚染物質が多量に含まれていることが判明しています。

英ガーディアン紙によりますと、アメリカ本土全域と海外領土で14万の公的上水網に行った調査で、同国のラテンアメリカ系住民が、他の人種グループと比べてより汚染された飲料水の利用していることが分かりました。

人口の25%以上がラテンアメリカ系住民となっている各地域では、飲料水の汚染許容基準が、他の地域の基準値の2倍となっていました。

この研究ではまた、2500万人以上が許容基準値を大幅に超える、汚染された上水網を利用しているという結果がでました。そのうち580万人は、ラテンアメリカ系住民が占めていると推測されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ