4月 10, 2021 16:15 Asia/Tokyo
  • 米兵士
    米兵士

バイデン米政権が、9日金曜に提出した2022年度予算案で、同国国防総省予算の7150億ドルへの増額を提案しました。

イルナー通信によりますと、国防総省向けにバイデン氏が出した予算案は、2021年度予算案と比べて1.5%増えています。

バイデン政権は、この予算の一部を中国とロシアのけん制のために使用するつもりだ、と発表しました。

また、バイデン政権が予算案を出した中で指摘しているほかの事柄として、気候変動対策や新興の生物学的脅威との戦いが挙げられます。

近年、アメリカと中国およびロシアとの緊張が高まっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ