4月 15, 2021 15:52 Asia/Tokyo
  • アメリカのバイデン大統領
    アメリカのバイデン大統領

アメリカのバイデン大統領が、「アフガニスタンで行っている、我が国の最も長引いた戦争を終わらせる時が来た」と述べました。

ファールス通信によりますと、バイデン大統領は14日水曜、ホワイトハウスで行ったアフガニスタンからの駐留米軍撤退についての演説で、「米国はアフガニスタン政府を支援していくが、その後の軍事作戦には関わらない」と述べました。

ある米高官は、アフガニスタンからの駐留米軍撤退作業が、アメリカのアフガン侵攻のきっかけとなった9.11同時多発テロから20年となる今年9月11日までの完全撤退をめざして、5月に始められるとしています。

一方、アフガニスタンの反政府組織タリバンの報道担当者は、「カタールの首都ドーハで署名されたタリバンとアメリカの和平合意に基づけば、全ての外国軍はアフガニスタンから撤退しなければならない。定められた期限(5月1日)までに撤退できなければ、さらなる問題を招くことは明らかであり、合意を遵守できない側はその責を負うことになる」と警告しました。

タリバンはこれ以前にも、外国軍が期限内にアフガニスタンから撤退しなければ、それらへの攻撃を再開するだろうと警告しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ