4月 21, 2021 02:16 Asia/Tokyo
  • アメリカ・バーモント州選出のサンダース上院議員
    アメリカ・バーモント州選出のサンダース上院議員

アメリカ・バーモント州選出のサンダース上院議員が、シオニスト政権イスラエルに占領終結を迫るべく、アメリカの対イスラエル軍事・経済支援を制限するよう求めました。

ファールス通信によりますと、サンダース議員はユダヤ人ロビー団体のひとつ・Jストリートの年次会合において、「事実、イスラエルに米国の援助を提供する際に、アメリカ人は人権侵害政策を支援し、パレスチナ人を二流の人間として扱うために自らの税金が使われることを望んでいない」と述べています。

また、「イスラエルの人々が平和と安全に生きる権利を持っていることは疑いの余地はない。しかしこの権利は、パレスチナの人々も持つべきでものである。残念ながら、イスラエルのネタニヤフ政権はこの件には賛成でないことが明らかになった」としました。

イスラエルを支援するユダヤ人のロビー団体Jストリートは、イスラエルとその近隣諸国との和平を支援する団体だと自称しています。

米国は、イスラエルの占領と抑圧されたパレスチナ人に対する犯罪の主要な支援者です。

イスラエル政権への広範な米の軍事・経済援助は、パレスチナの占領とその国民の抑圧のために使用されます。

イスラエル政府当局者は、常に米国を自らの強力な支援者と呼んでいます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ