4月 22, 2021 04:40 Asia/Tokyo
  • 原油 
    原油 

世界銀行が、2021年から22年にかけてエネルギー価格が上昇するとの予測を示しました。

ロイター通信によりますと、世銀の予測では今年のエネルギー価格は平均して2020年より3分の1以上上昇し、原油価格は平均して1バレル56ドルになり、さらに2022年には2017年から2019年当時の水準の1バレル60ドルに達すると見られています。

世銀はまた20日火曜、「今年第1四半期における力強い経済成長による経済状況の回復を受けて、国際的な物価は安定し現状維持が続くだろう」と表明しました。

さらに、金属価格は30%上昇し、農業市場は約14%成長すると予測されています。

その一方で世銀は、「一連の展望予測は新型コロナウイルスの流行の抑制の進展と、先進国における政府の支援策に左右される」としました。

そして、「原油のヨーロッパ産主要銘柄の北海ブレントとアメリカ産経由WTIウェストテキサス・インターミディエイトは、2021年に30%以上値上がりしている」と発表しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ