May 03, 2021 16:30 Asia/Tokyo

NZ・ニュージーランドのアーダーン首相が、世界での中国の役割が拡大・変化する中、同国との見解の相違を解決することが一段と困難になっているとの認識を示しました。

ロイター通信が3日月曜、NZ・ウェリントンから報じたところによりますと、NZにとって中国は最大の貿易相手国であり、NZは安全保障上の機密情報を共有する5カ国の枠組み「ファイブアイズ」を活用した中国批判への消極姿勢を巡り、一部の西側諸国からの圧力に直面しています。

アーダーン首相は3日、NZ・オークランドで開催されたチャイナ・ビジネス・サミットで講演し、「中国とNZの間には見解が一致しない問題があるが、そのことが両国の関係を決定づけることはない」と指摘しています。

また、「世界における中国の役割が大きくなり、変化するにつれ、われわれのシステムの違い、それらのシステムを形成する利益や価値観の違いを調整することが難しくなっているのは周知のことだろう」とし、「これはNZなどインド太平洋地域の国々だけでなく、欧州や他の地域の国も直面している課題だ」と述べています。

一方、NZのマフタ外相は先月、NZのほか、米、英、カナダ、オーストラリアが参加するファイブアイズの役割拡大について「不快感」を表明しましたが、これは一部のヨーロッパ諸国の反応を引き起こしています。

中国は、ニュージーランドの輸出の3分の1を占めていますが、ファイブアイズが香港や新疆ウイグル自治区のウイグル族の扱いを巡り、反中的な陰謀に加担しているとして、声明を発表し、これを批判しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ