May 08, 2021 19:24 Asia/Tokyo
  • ロシアのプシュコフ上院議員
    ロシアのプシュコフ上院議員

ロシアのプシュコフ上院議員が、「アメリカは国際体制の秩序を乱し、国際舞台での自己優越主義を続行している」と語りました。

イルナー通信によりますと、プシュコフ議員は8日土曜、テレグラムにおいて、アメリカの行動が国際体制秩序を乱したことを認めている、ブリンケン米国務長官の発言に触れ、「米国務長官の発言は、アメリカ自身への批判や、同国の国際法違反行為や犯罪の責任受諾ではなく、単に、は、トランプ前米政権を批判しているだけだ」としました。

さらに、「米国務長官の発言からは、アメリカが世界に対する自らの覇権主義支配の拡大、および自己優越主義を続行している、という事実が導き出せる」と語っています。

ブリンケン国務長官は7日金曜、国連での演説において、「近年におけるアメリカの行動の一部は、国際体制秩序を弱め、国際法遵守に疑問を呈した」と述べていました。

特にトランプ前政権をはじめとするアメリカの歴代政府は、これまでに何度も国際法に違反しており、そうした違反例として2018年の対イラン核合意からの一方的な離脱などが挙げられます。

ほかにも、シリアにおける米軍の違法な駐留、同国の石油とガス資源の略奪、そしてテロリストへの公然たる支援などが指摘されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ