May 11, 2021 18:59 Asia/Tokyo

ロシア・タタールスタン共和国の首都カザンのファイジ通りにある学校で、何者かが発砲し、複数人の犠牲者が出ました。

事件はカザンの第175番学校で起こり、目撃者によれば学校襲撃の際、最初に爆発音がし、その後発砲が始まったということです。

警察筋は「現在伝えられている情報によると、身元不明の2人が発砲した。犠牲者が出ており、その数と状況の確認が行われている」と述べました。

また、発砲した2人のうちの1人(17歳)が拘束されたと語り、もう1人の発砲者はまだ建物の中にいる可能性があるとしました。

確認された情報によれば、少なくとも生徒8人、教師1人を含む11人が死亡し、32人が負傷ました。このうち2人の生徒は、校舎の窓から飛び降りて死亡したということです。

​現在、現場では、警察や救急対応当局が活動しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ