May 13, 2021 16:41 Asia/Tokyo
  • CENTCOMアメリカ中央軍のマッケンジー司令官
    CENTCOMアメリカ中央軍のマッケンジー司令官

西アジアおよび中央アジアの一部にいる米テロ軍を指揮下に置くCENTCOMアメリカ中央軍のマッケンジー司令官が、イラク国会が自国にいる駐留米軍の撤退決議を可決したことには触れずに、「イランはイラク駐留米軍の撤退を追い求めている」と主張しました。

ファールス通信によりますと、マッケンジー司令官は、イラクによる自国からの駐留米軍撤退の要請があったことを無視して、「イラク政府は米軍が同国に駐留を続けることを望んでおり、イランは地域から米軍を追い出そうと努力している」と再び主張しました。

そして、「米軍のイラク駐留は、テロ組織ISISと戦うためである」としました。

イラク国会の決議に基づけば、駐留米軍は同国から撤退する必要があります。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ