May 16, 2021 20:02 Asia/Tokyo

パレスチナ・ガザ地区に対するシオニスト政権イスラエルの犯罪が拡大している中、カナダ全国でパレスチナを支持する複数の団体が集会や行進を開催しました。

カナダ・トロントでは、数千人の人々が、市内のネイサン・フィリプス・スクエアに集結し、ガザ地区のパレスチナ人に対するイスラエルの犯罪を非難しました。

また、カナダ西部モントリオール、バンクーバー、東部ハリファックスの各都市で、多数の抗議者らが集会を行い、パレスチナ国民を支持するスローガンを掲げるとともに、カナダ政府に対し、迅速にパレスチナ国民を支援するよう求めています。

シャハーブ通信は、「ガザ地区の保健公式筋が、シオニスト政権イスラエルが先日から行う一連のガザ空爆により殉教した人々の数が、47人の子どもと29人の女性を含む174人に増加したと発表した」と報じました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ