May 23, 2021 15:22 Asia/Tokyo
  • 英によるイスラエルへの武器販売
    英によるイスラエルへの武器販売

英インディペンデント紙が、イギリス政府はシオニスト政権イスラエルへの武器販売により、パレスチナ・ガザ地区での民間人殺害の加担者になっているとしました。

イギリス労働党所属のリチャード・バーゴン議員は、インディペンデント紙に対し、「イギリス政府は、イスラエルに武器を販売して武装させているのに、一体どうやって和平を支持すると主張できるのか?」と述べました。

続けて、数百人のパレスチナ人がシオニスト政権軍の攻撃により殉教したことに触れ、「多くのパレスチナの人々が今回の戦争中に殺害された。今こそ、イギリス政府がイスラエルへの武器販売を即時禁止する時が来ている」としました。

そして、「これが実現されなければ、和平支持という政府の主張は実質のない空ろなものだというだけでなく、実際にはパレスチナの人々を攻撃するイスラエルの戦争の加担者ということになる」と指摘しました。

このような中、シオニスト政権軍の報道官は先週、パレスチナ・ガザ地区への空爆にF35戦闘機が使用されたことを認めました。この戦闘機の部品を主に製造している国はイギリスです。

同紙によれば、複数の人権団体もイスラエル政権への軍事装備品販売の停止を求めています。

シオニスト政権イスラエルは今月10日、ヨルダン川西岸やガザ地区に住むパレスチナ人に対して攻撃を始めたものの、占領者たる同政権の軍がパレスチナ抵抗勢力との戦いを効果的に進められないために内閣が停戦を要請したことを受け、外国の一部の面々の仲介と抵抗勢力の同意により21日金曜、これらの攻撃を終了させました。

結果として、同地区では69人の子ども、39人の女性、17人の高齢者を含む、少なくとも248人のパレスチナ人が殉教したほか、1910人以上が負傷しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ