6月 19, 2021 17:48 Asia/Tokyo
  • 銃撃事件
    銃撃事件

米オハイオ州スプリングフィールドの警察が、銃撃事件の発生を受け現場に急行したパトロールカーが撃たれて路上に横たわっていた被害者に気づかず、ひいてしまう事態が起きたと報告しました。

米CNNによりますと、被害者である42歳の黒人男性は搬送先の病院で死亡した。

地元警察の署長は記者会見で、事故と決めて済ませるわけではないが、ひいたことは警官が意図した行為ではないと確信していると述べました。

ひかれた被害者は何者かに撃たれた後、自らも警察へ緊急通報していました。被害者を路上でひいたことを知った警官は即座に応急措置を施したということです。

パトカーに乗っていた地元警察での勤務歴が2年の女性警官は、休職処分を受けました。

スプリングフィールドの警察は、パトカーが真夜中に路上にいる被害者へ近づく様子などが収められた、車に搭載している2個の映像記録装置のデータも公開しました。

警察署長はただ、映像の内容が車内にいる警官の視線の先を意味しているわけではないと指摘し、固定されている映像記録装置と違い、車内にいる人間は周囲の左右上下などに注意を払っているなどとも説明しました。女性警官については、連絡を受けて出動していた際、家屋の住所の把握に努めていたとしました。

同警察の捜査調書にはパトカーが黒人男性をひいた事実への言及はありませんでしたが、これについては調書の主眼は発砲事件だったためと指摘し、黒人男性の問題は同州の高速道路警察隊が調べているとしました。

一方、被害者の一部遺族は記者会見で、警察側の言い分に同意しているわけではないと強調し、警察は当初、車両で被害者をひいた事実も明かしておらず、病院側の説明で知ったとの不満を示しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ