7月 29, 2021 17:11 Asia/Tokyo
  • ナイジェリアのイスラム運動指導者であるイブラーヒーム・ザクザキ師
    ナイジェリアのイスラム運動指導者であるイブラーヒーム・ザクザキ師

ナイジェリアのイスラム運動指導者であるイブラーヒーム・ザクザキ師の事務所が、同師夫妻に釈放命令が出されたことを明らかにしました。

ファールス通信によりますと、ザクザキ師事務所は28日水曜夜、「ナイジェリア・カドゥナ州の裁判所が、ザクザキ師夫妻をすべての容疑で無罪として釈放命令を出した」と発表しました。

続けて、ザクザキ師夫妻は間もなく解放される予定だとし、「この命令は、ナイジェリア政府の厳しい弾圧と迫害に立ち向かう抵抗勢力にとってのひとつの勝利と見なされる」としました。

ナイジェリア政府はこれまでに、ザクザキ師夫妻の解放を様々な口実を持ち出して阻止し、医療ケアを受ける機会すら与えてきませんでした。

ザクザキ師の容体が悪化したこの数か月間、複数の人権機関は、同師の解放を繰り返し求めていました。

これより少し前、ザクザキ師の娘であるソヘイラ氏は、収容先の医師の怠慢により両親の体調が悪化していることを明らかにし、「父母は2人とも、逮捕された際に負傷していた。現在彼らの健康状態は、医師のケアや治療を受けられないためにさらに悪化している」と述べました。

ザクザキ師夫妻は2015年12月13日、ナイジェリア・ザリアのイスラム教宗教施設・ホセイニーエが政府軍に襲撃された際に拘束されました。

政府軍はこの日、この施設やザクザキ師の自宅前に集まった人々を銃撃し、同師の3人の息子を含む数百人を殉教させました。

ザクザキ師はこれまでに幾度となく、拷問を受けたり、体内に残留している複数の銃弾による血中鉛濃度上昇から中毒症状を起こしたことで、病院に運ばれています。

ザクザキ師の弁護士は先日、「サウジアラビア政府は、同師を殺害させるためにナイジェリア政府関係者に数百万ドルを渡した」と発表しています。

ナイジェリアの人々は、この数か月に国内各地で繰り返しデモを実施して、ザクザキ師の解放を求めてきましたが、同国の治安部隊は、そのたびにデモを弾圧しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ