7月 31, 2021 15:37 Asia/Tokyo
  • AGM-183A極超音速ミサイル
    AGM-183A極超音速ミサイル

アメリカが、爆撃機からプロトタイプのAGM-183A極超音速ミサイルを発射する2回目の試みに失敗しました。

ファールス通信によりますと、ミサイルは搭載していたB-52H爆撃機から投下されたものの、ロケットエンジンは始動しなかったということです。

米空軍は今月28日、南カリフォルニアの太平洋上空で試験を実施しました。

ミサイルの最初のテストは4月に行われ、ミサイルはB-52H爆撃機の翼から切り離すことができませんでした。

米空軍は、失敗にもかかわらず、このテストはプログラムを継続するための貴重な情報とデータを提供したと主張しています。

米国はここ数ヶ月、弾道ミサイル・ミニットマンIIIを含むいくつかのミサイルテストに失敗しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ