8月 09, 2021 14:41 Asia/Tokyo
  • 高齢者 
    高齢者 

65歳以上の運動機能低下は、死が近いことを示唆している可能性があります。

ロシアのスプートニク通信によりますと、学術誌「The BMJ」に掲載された研究結果で専門家は、歩行に困難を感じる場合の死亡リスクは22%高まり、握力に問題がある場合は15%増、椅子から立ち上がる際の困難は14%増、また日常生活全般に困難を感じた場合には30%増になるとしました。

この研究は20世紀末に始まったもので、今回は2007年から2016年にかけ、被験者の運動機能の評価が3回行われました。調査では、被験者の歩く速度、椅子から立ち上がる所要時間、握力、また着替えや調理など日常生活の困難などがチェックされました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ