9月 27, 2021 17:47 Asia/Tokyo
  • スラム教徒の女性
    スラム教徒の女性

オーストリア在住のイスラム教徒の女性が、ヒジャーブを被っていたことで、侮辱されました。

ファールス通信によりますと、オーストリアの首都ウィーンに住んでいるイスラム教徒の女性が、ヒジャーブを被っていたために、バスで他の女性に人種差別的攻撃を受け、侮辱されました。

ヨーロッパ諸国におけるイスラム教徒とモスクへの攻撃は、ここ数ヶ月で激化しています。

ヨーロッパのイスラム教徒は、反イスラム行為やモスクやイスラム関係施設への攻撃に対する深い懸念を繰り返し表明し、そういった場所を警護するように、厳格な安全対策を求めています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ