9月 28, 2021 15:53 Asia/Tokyo

イギリス各地で、燃料危機によりガソリンスタンドで長蛇の列ができている他、全国的な大渋滞が発生し、公共サービス部門をはじめとする広範な部門で大混乱が生じています。

イルナー通信によりますと、イギリスでは公共サービス部門の職員をはじめとする数万人の労働者が、燃料不足を理由に27日月曜は休業・自宅待機を余儀なくされたということです。

イギリスの主要な各都市のガソリンスタンドでは、燃料備蓄の90%が消費され、残り分も近いうちに消費しきってしまうとされています。

イギリスのガソリン小売業者協会は、国内各地の燃料ステーション全体の3分の2ではすでに備蓄燃料を消費しきっていることを指摘するとともに、それ以外の燃料ステーションの在庫も徐々に尽きてしまうことに関して警告しました。

オーラフ・ショルツ独財務大臣も同日、「イギリスで最近悪化しているトラックやタンクローリーのドライバーの不足は、同国のEU離脱に関連した問題だ」と述べています。

複数の報告によりますと、イギリスはEU離脱および新型コロナウイルスの感染拡大による影響を補填するため、およそ9万人のドライバー不足を抱えており、トラック運転手の不足から市民が自家用車用の燃料確保のため各地の給油所に殺到しているということです。

一方、イギリス政府は「わが国は燃料不足ではなく、必要な数のタンクローリーの運転手の不足が現状を引き起こしている」と主張しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ