10月 13, 2021 13:28 Asia/Tokyo
  • コロナ
    コロナ

アメリカの新興ニュースサイト・アクシオスが、「新型コロナウイルスは今後も残り、コロナ感染による死者は決してゼロにはならない」と報じました。

アクシオスによりますと、日々ワクチン接種者数が増加している一方で、コロナ感染者数は依然として高止まりとなっており、コロナ感染者の入国を完全に遮断してきたオーストラリアやニュージーランドなどの国でも、現在ではウイルスとの共存策が追求されています。

イギリスに本拠地を持つ医学研究支援等を目的とする公益信託団体ウェルカム・トラストのディレクターであるジェレミー・ファーラー氏は、「コロナウイルスは恒久的に残り、我々は決してコロナ感染による死亡者数をゼロにすることはできない」と語りました。

その一方で「もっとも、世界規模でのワクチン接種普及や自然免疫および、より優れた治療や検査などで、先進国は危険を最小限に食い止める段階には達するだろう」と述べています。

ファーラー氏によれば、コロナ感染による死亡を完全になくすことは不可能であるものの、それを制御することは可能であり、この状況は未来の社会に受け入れられるだろうということです。

最新の統計によりますと、現時点で世界ではおよそ2億4000万人がコロナに感染し、このうち487万4000人が死亡しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ