10月 24, 2021 17:50 Asia/Tokyo
  • 米ジョージア州の大学付近のパーティーで発砲
    米ジョージア州の大学付近のパーティーで発砲

 米南部ジョージア州のフォートバレー州立大学付近で23日未明、学生らが参加していたパーティーの最中に発砲事件が発生し、1人が死亡、7人が負傷しました。

米CNNによりますと、ジョージア州捜査当局は、死亡した1人が同大学の学生ではないことを確認しました。

また負傷者7人の容体は安定しているということです。

大学警察が安全を確認するまでの間、同大キャンパスは一時的に封鎖され、また州捜査当局が容疑者に関する情報の提供を呼び掛けています。

同大学ではこの週末、フットボールの試合に合わせた「ホームカミング」の行事が予定されていましたが、事件を受けて23日午前の朝食会とパレードが中止されました。

なお、大学側は警備を強化した上でフットボールの試合は予定通り開催する予定です。

全米では毎年、数千人が銃撃により死傷しています。

米国では武器所持の自由が認められていることから、全国的に銃撃関連の暴力が多発しており、その多くでは死亡者が出ています。

米国では武器ロビー団体が非常に大きな力を持っていることから、これまでのところ、議会は武器所持の規制の徹底を渋っています。

米国の人口は世界の総人口の約5%に過ぎませんが、世界の武器による大量殺人犯に占めるアメリカ人の割合は約31%にも上ります。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ