10月 27, 2021 19:04 Asia/Tokyo
  • WFP世界食糧計画のデイビッド・ビーズリー事務局長
    WFP世界食糧計画のデイビッド・ビーズリー事務局長

WFP世界食糧計画のデイビッド・ビーズリー事務局長が、一握りの超富裕層の人々が保有する資産のごく一部だけで、世界の飢餓問題の解決の助けになり得る、としました。

CNNによりますと、ビーズリーWFP事務局長は26日火曜に放送されたCNNの番組で、一握りの超富裕層の人々が保有する資産のごく一部だけで、世界の飢餓問題を解決する手助けになり得ると訴えています。

また、億万長者の人々が「今まさに一度、力を入れる」必要があると指摘し、世界有数の富豪として、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏と米電気自動車(EV)大手テスラなどを率いる実業家のイーロン・マスク氏の名を挙げました。

そして、「もし我々が手を差し伸べなければ文字通り死んでしまう4200万の人々を救うために必要なのは60億ドル(約6800億円)だ。複雑な問題ではない」とも述べています。

進歩派のシンクタンク・IPS政策研究所と「アメリカンズ・フォー・タックス・フェアネス」によれば、富裕層の資産は、新型コロナウイルスの大流行が始まって以降にほぼ倍増しており、今年10月には5兆400億ドル(約575兆円)に達しました。

ビーズリー事務局長はさらに、気候変動や新型コロナの大流行といった危機の「破滅的事態」により、多くの国が「飢餓の扉をノックしている」状況だと説明しています。

WFPが今月25日に発表した報告書によりますと、アフガニスタンでは人口の半分に当たる2280万人が、深刻な飢餓の危機に直面しているほか、失業のまん延や資金の流動性といった危機により、同国は人道的な危機の瀬戸際にあり、5歳未満の子どもたち320万人がリスクにさらされているということです

この報告書はまた「エチオピア・ティグレ州で暮らす520万人が早急に食糧援助を必要としていると推定される」としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ