10月 27, 2021 20:00 Asia/Tokyo
  • 米ホワイトハウス前で、気候変動対策求め若者らがハンスト実施
    米ホワイトハウス前で、気候変動対策求め若者らがハンスト実施

米政府に気候変動対策の行動を求める若者5人のグループが、ホワイトハウス前の広場で先週からハンガーストライキを続けています。

米CNNによりますと、このグループは20日からハンストに入りました。リーダーの環境活動家キドゥス・ガーマさん(26)はCNNとのインタビューに、23日には吐き気やめまいの症状で救急病院へ運ばれたと語りました。翌朝まで医師の観察を受け、ハンストに戻ったということです。

ガーマさんは「きょうでハンスト7日目。体が痛み、胃袋も体も空っぽ、絶えず頭痛がある」「みんな筋肉が分解される段階にきている」と話していまう。

ガーマさんは今年5月にも、気候変動がもたらした災害の跡をたどるというテーマの下、ニューオーリンズからヒューストンまで全長約640キロの行進に参加しました。

「バイデン大統領が戦い始めてくれるのを待っている」と、ガーマさんは訴えています。

5人は26日、バイデン氏とクレイン大統領首席補佐官にあてて書簡を送付し、議会で審議されている経済対策法案に、強力な気候変動対策の条項を盛り込むよう要求しました。

25日には、気候変動問題を担当するマッカーシー大統領補佐官、ジョン・ケリー大統領特使とオンラインで面会しました。メンバーの1人は、ケリー氏から議会での審議は順調だと聞いたが納得できないと主張しました。

議会では最近、バイデン氏のクリーン電力計画が経済対策法案から削除されました。メンバーらは要求が通るまで「無期限」でハンストを続ける構えです。SNS上ではほかの活動家や専門家も連帯を表明し、自らハンストに参加する写真などを投稿しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ