10月 28, 2021 18:26 Asia/Tokyo

イタリア南部が、地中海で発生するハリケーンのような低気圧・メディケーンの影響で、豪雨や鉄砲水に見舞われています。

CNNがイタリア・ローマから報じたところによりますと、シチリア島のムスメキ知事は今月26日、この豪雨により2人が死亡、1人が行方不明になっていることを確認しており、さらに道路の水没や住宅の浸水などの被害が拡大しているということです。

この豪雨は29日金曜まで続くと予想され、シチリア島リングアグロッサ地区では2日間で1年分に相当する降雨を記録しました。

こうした事態を受け、同島東部カターニア市の市長はフェイスブックへの投稿で、28~29日にかけては「特に憂慮すべき」状況が続くとの予想を示し、住民に対して可能な限り自宅にとどまるよう呼びかけました。

シチリア島には27~28日かけ、最大級の警戒警報が発令されており、特にカターニアでは学校が休校となり、商店や事業所はどうしても必要な場合を除いて29日までの休業が指示されています。

メディケーンは通常、9月~12月にかけて年に2回ほど発生しており、これも地球温暖化の影響の一部といえそうです。

なお、今月末にローマで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議にこのメディケーンの影響は及ばないと見られていますが、緊急の気候変動対策が求められる現実を如実に物語っています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ