11月 22, 2021 20:28 Asia/Tokyo
  • アメリカ国旗
    アメリカ国旗

IDEA民主主義・選挙支援国際研究所が、「アメリカは、凋落しつつある民主主義国のリストに入った」としました。

スウェーデン・ストックホルムに本部を置く政府間組織IDEAは22日月曜、「2021年の世界の民主主義の状況」と題した報告書において、「米国は初めて、民主主義が衰退している国の年次リストに加わった」と表明しています。

また、「情報データは、米国の民主主義の衰退が少なくとも2019年以降には始まっていることを示している」としました。

IEDA事務局長は、「米国の民主主義の劇的な悪化は、選挙結果に異議を唱える傾向の高まり、投票率の抑制工作、および二極化に見られるように、最も懸念すべき動向の1つである」とコメントしました。

民主主義が衰退した国の数は過去10年間で倍増し、現在では世界人口の4分の1を占めている、と言われています。

IDEAの報告からはまた、新型コロナウイルスの大流行以来、民主主義の凋落は加速化し、より深刻化していることが判明しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ